お父さんが、痴漢。

menu

お父さんが、痴漢。~カレシの隣で挿れないで…!ネタバレと無料画像

お父さんが、痴漢。~カレシの隣で挿れないで…!MATSU★ダイナソー(著)。バスの中で痴漢行為をしてきたのは、まさかの彼氏のお父さん!?太ももをスリスリされ、おっぱいも揉まれ、乳首をピンピン弾かれると次第に気持ち良くなってしまう。彼氏とおじさんとのエロい展開に抜けるエロ漫画。

お父さんが、痴漢。~カレシの隣で挿れないで…!試し読み

中年おじさんの指がナカに…
お父さんが、痴漢。
~カレシの隣で挿れないで…!
バスの中で豪快射◯!!
▲▲試し読みは画像をタップ▲▲

>>お父さんが、痴漢。

お父さんが、痴漢。~カレシの隣で挿れないで…!あらすじ

ヒロイン・ミキは、彼氏のマコトの家へ遊びに行くため、バスに乗って行く事にした。

後悔の元となる全ての始まりが、このバスの中で起きるとは知らずに…。

初めて彼の家に行くミキは緊張していた。

「そういう…雰囲気になるよね…」

彼氏とのエッチな展開に期待して、胸元が大きく開いた服とミニスカート姿のミキ。

頑張って露出の多いオシャレをしてきた。

そんなミキの隣に突然座ってきた中年おじさん。

「え?何、このおじさん…」

前を見渡すと空いている席がたくさんある。

それなのに、わざわざミキの隣に座ってきたことをミキは不信に思う。

ミキは恐る恐る横目でおじさんを見てみると、ジロジロとミキのことを見ていた。

「ハァ…ハァ…」

息が荒くなってきたおじさんは、なんと自分のモノをシコシコし始める。

「チカン!?」

そして勝手に射◯し、液体を飛び散らせた。

「うぅっ!!」

次におじさんは、黙ったまま手を伸ばしてきてミキの太ももを撫で回してきた。

汗ばんだベタつく手で、上下に動かしながら触ってくる。

「ひゃ!…」

その手は、遂にスカートの中にまで伸ばしてきた。

「どうしよう…怖い!」

ミキは誰かに気付いてほしい、助けてほしいと心の中で叫ぶが、恐ろしさのあまり声が出ない。

「スゥー…ハァー…うっ…うっ…」

耳元で息を荒げ、背後から回してきた手で胸を揉み、乳首を弄り回す。

「胸…触られた!…」

まだ誰にも触られた事がなかったミキはショックを受ける。

「この、ビッチめ〜」

エスカレートしていくおじさんは、臭い息を吐きながらミキの耳をベロベロと舐め回す。

「ガキのくせに、はしたない格好しおって!」

ミキが無抵抗なのをいい事に、更に胸を揉みまくる。

そんな時、バスが停留所に止まりミキは急いで飛び降りた。

最悪な目にあいつつも、何とかマコトの家に着きホッとする。

痴漢行為を受けた事は言わず、マコトと甘い時を過ごすことに…。

「好きだよ、ミキちゃん…」

「マコトくん…」

いい雰囲気になった二人は、自然の流れでキスを交わす。

「あっ!!…」

胸を揉まれると、思わず声が漏れてしまうミキ。

「!!」

すると、そんな二人が居る部屋に突然誰かが入ってきて驚く。

「な!何でこの人がここに!?…」

「お…親父!」

「親父!?…今、親父って言った!?」

部屋に入ってきたのは、バスの中で痴漢してきた男だった。

「おや、お友達か?マコト…」

痴漢行為をしてきたおじさんが、マコトの父親だったと知ったミキは、驚きすぎて顔面蒼白になる。

そしてまた…

ミキのカラダは狙われることに…


〜登場人物〜

・ミキ
ヒロインの女の子。
巨乳で可愛い。
彼氏の父親から痴漢されてしまう。

・マコト
ミキの彼氏。
自分の父親が彼女を痴漢してしまう。

・マコトの父親
ごく普通の中年おじさん。
息子の彼女に痴漢行為する。

お父さんが、痴漢。
~カレシの隣で挿れないで…!
↓ ↓ ↓

お父さんが、痴漢。

お父さんが、痴漢。~カレシの隣で挿れないで…!感想

画像をタップ

現実的にあり得るストーリー展開に関心深く見れる。

ミキの大胆な露出がエロくて興奮する。

痴漢行為されている時の乱れぶりがたまらない。

彼氏の父親に触られて、次第に感じていく様が刺激的で抜ける。

中年おじさんのエロキモさを、上手く表現している所が過激で楽しめる。

お父さんが、痴漢。
~カレシの隣で挿れないで…!
↓ ↓ ↓

>>お父さんが、痴漢。

お父さんが、痴漢。~カレシの隣で挿れないで…!情報

作品名 お父さんが、痴漢。~カレシの隣で挿れないで…!
作者名 MATSU★ダイナソー
配信数 4話
1巻
ポイント 話/50pt
巻/150pt

1話 痴漢!? オッサンの指がナカに…!

2話 クリクリ乳首を弾いて舐めて

3話 裏スジこすったらキモチいい?

4話 校舎裏でしゃぶってあげるね

お父さんが、痴漢。
~カレシの隣で挿れないで…!
↓ ↓ ↓

お父さんが、痴漢。


inserted by FC2 system